読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒を食らわばコックまで

注意喚起のためのブログではありません。個人の意見をただ載せていくだけのブログです

秋の彼らについて考えたこと


!はじめに!


この記事は以前の記事の言い分と矛盾しています。

何故かというと「中の人の話を公開アカウントでしないほうがいいと思うよ」という記事を以前こちらhttp://hattyandayo.hatenablog.com/entry/2016/04/13/113502で散々したにも関わらず、今回この誰でも見ることができる公開された記事で「中の人」の存在についてガッツリ触れているからです。もちろん個人名や役名は出しませんが、存在については触れます。


ただ、「このことについても意見を聞かせてください」と色んな方から言っていただいたことと、私自身この話題はどっちにしてもいつかはしなきゃいけないんだろうな、と感じたので記事にしました。


よって、この記事を公開した時点で、以前の私の記事の言い分と矛盾しています。

大変申し訳無く思います。


誠に勝手で本当に本当に申し訳ないのですが、ご不快に思われる方は読まないようにお願いします。


矛盾を許してくださる方、私の意見を聞きたいと言ってくださった方のみスクロールをお願いいたします。


また、この記事を見ている人は、ツイッターで「お前コレ読め」と突然誰かに言われた人か、あるいは私の意見を知りたいと言ってくれた方だと思われるので、あえてその方々に向けて今回の記事を書きます。






































うっかり検索にひっかからないよう、固有名詞は出さないようにしようと思います。


が、「秋」「ニ代目(この言い方はよくないのですが)」「去年から」と聞いてわかる方はわかるのではないでしょうか。



前述したとおり、

この記事を見ている人は、「お前コレ読め」と誰かに言われた人か、

あるいは最初の注意書きを見ても私の意見を知りたいと思ってくれた方々だと思われるので、

あえてその方々に向けて今回の記事を書いています。


何故かというと、非常にややこしくて難しい問題なので、

「これが正解!全ての人間よこれを指針にしたまえ!」というものがないからです。


別々に宛てて書いていきたいと思います。


重ねて過去の記事との矛盾をお詫びします。





ツイッターで「これ読め」と誰かに言われてこれを今見ている方へ

(ツイッターで呟いていたら、知らない人や友達から急に謎のブログのURLが送られてきて、なにこれと思いつつもここまで来た方へ)


URLがわざわざ送られてきたということは、何か理由があるはずです。送ってきた人はあなたの呟きに何かひっかかるものを感じたに違いありません。

では、なにがひっかかったのか?


単刀直入に言いますと、公開アカウントで以下の行為はしないほうがいいのです。


・去年の彼らと今年の彼らの中の人を比べる

・今年の彼らについて検索よけなしで文句を言う

・去年あるいは今年の彼らの中の人について、本名を出して呟いている

・去年の彼らのほうがよかった!といった感じの呟きをしている


これらは全て良くも悪くも「中の人」の存在が大きいつぶやきになります。

あなたにURLを送ってきた人は、おそらくそれが引っかかってしまったのです。


なぜ引っかかるの?なにがいけないの?

と不思議に思う方もいると思います。無理もありません。知らないことだけでは罪ではありません。


その理由については、こちらhttp://hattyandayo.hatenablog.com/entry/2016/04/13/113502をご覧ください。


こちらで書いたように、舞浜に即した話題では基本的に中の人について触れるべきではないのです。


なぜ「触れてはダメ」ではなく「触れるべきではない」と表現したかというと、やはり公式からこうしろや!という指示はないけれど、その上で今まで色々あって、それぞれが「こうしたほうがいいよね」という結論にいたり、気を付けて今現在まで来たからです。


先ほども「以下の行為はしてはダメ」ではなく「しないほうがいい」と表現したのも同じ理由です。


そんな無茶な!なにそのローカルルール!自治?キモ!と思われる方もたくさんいらっしゃると思いますが、そうなっている以上、そうなのです。

郷に入れば郷に従うしかありません。


該当するつぶやきは消して、次回から気をつけることにしましょう。それだけでいいんです。


あるいは、鍵でなら自由につぶやけます。


あなたにURLを送ってきた人は、もしかしたらとても厳しい言い方をしてきたかもしれません。たまに、注意にとどまらずほぼ喧嘩を売るように激しく突撃してくる人もいます。

私は「私の記事は好きなように引用してください」と言っている以上、その人達に対して何も言えません。

ですが、もし私の記事で心が傷ついたという人がいたら本当に申し訳なく思います。


特にいわゆる「Dヲタ」でなくて、去年あるいは今年の彼らからこちらの世界に足を踏み入れた(と言うと大袈裟ですが)、というような方々は、まだまだわからないことがたくさんあると思います。

というより、わからなくて当たり前です。


「これは大丈夫かな?」「やばい気がするけどどうなんだろう」

という事態に陥ったら、お気軽にこのブログまで質問していただいて構いません。

ただ、その場合私が言えるのはいつも、

「これが正しいよ」ではなく

「こうした方が無難だと思うよ」です。


そもそもこのブログ自体が、

「正しいことを教えます!」ではなく

「こうすると無難だと私は思ってます」というもの

なので、そこはどうか勘違いしないようにお願いします。


今この記事を書いている私も、昔はいろいろやらかして痛い目にあいました。

「マナー」とは「ルール」とは違うので難しい言葉です。

それぞれで気をつけていきたいですね。








私の意見を聞きたいと思ってここまで見てくださっている方へ


何人かの方から今回の秋のあれこれについて意見を聞きたいと言っていただきましたので、少し書かせていただきます。




私は、去年にしろ今年にしろ、彼らは特に好きでもなければ嫌いでもない、ふつうです、という立ち位置の人間です。


ただやはり中の人の問題がありますし、そんな中の人たちでもエゴサしてる方もいたりする時代なので、はっきりそれとわかるつぶやきや名称・呼称は検索よけするか、鍵でやるべきだと思います。


ただ「ニ代目」などの呼称を使っただけで注意を受けて混乱したという方もたまにいるようなので、呼称による区別について私なりの見解を述べますと、

「ニ代目」などで中の人の区別をしてしまう気持ちはとてもよくわかるし実際悪気はないのだと思います。

しかし実際に「注意を受けた」ということは、


その呼称自体に問題があるというよりは


その呼称を使っている→中の人の差を意識しなければその発言は出ないはず(意識していなくてもそのように見える、あるいは前後のつぶやきから中の人を意識していると判断)→「去年あんなに彼ら沼です!大好き!とか言っていたくせに結局キャラそのものとして見てないじゃん!中の人が重要なんじゃん!中の人の話するなら公開アカウントでやるな!」


という怒りからDヲタから注意(あるいは突撃)されていることがあるのかもしれません。


もちろん理由がそれだけとは言いませんが、私が想像できたのはここまででした。


中の人を区別を匂わせる呼称を使いたい場合、私のオススメは鍵アカウントで話すか、どう検索しても出てこないレベルの検索よけを施すことです。


理由は先ほども述べたように「無難だから」に他なりません。誰に文句も言われないからで、「私のTLに現れると不愉快だから鍵でやって!」というわけではないことをわかっていただけると嬉しいです。


去年かなりいろいろあったため、注意するヲタ側に、神経質になっている人が多いのも事実です。でもそれはしょうがないことでもあります。それだけいろいろあったということです。



去年はなかなか凄い年で、春もかなり荒れてはいたのですが、それが霞むほどの秋の勢いがありました。


それで、ひどくびっくりしたのは確かです。


念のため言っておくと、それ以前は荒れてなかったのに!とかそういうことではないです。昔から荒れる時は結構荒れてましたから!

でも、去年の秋は本当にものすごかったな、と私自身思い出して感じます。


去年の秋の彼らの登場により、舞浜にはいわゆる「Dヲタ」ではない多くの新しいゲストがやってくることになりました。もちろん元々のDヲタで彼らにはまった人もとても多いと思いますが、新規ファンの数が尋常ではなかった記憶があります。



結果、舞浜そのものもすごいことになり、ネット(ツイッターがやはり顕著でしたね)もすごいことになってしまいました。


その人達が舞浜のローカルルールや中の人に関するあれこれを知らないのは無理もないと思います。


実は、しがない1人のDヲタとしては、「本当に好きならいろいろ事前に調べてこいや!」と思ったことはあるにはあります。

でも、「限界があるよな」と考え直しました。

むしろ普通の人は調べないでしょう。


久しぶりに秋の彼ら目当てで舞浜に行くぜ!となった人がもし調べることがあるとしたら、開園時間と閉園時間、彼らのいる場所、もっと調べたとしてもアトラクション休止状況やおいしいごはん、さらに掘り下げたとしてもグッズ…などその辺りではないでしょうか。


ローカルルールなんて、ましてや舞浜関係・中の人関係のネット上でのマナーなんて調べるはずがないんです。


知らないならやらかしてしまってもおかしくはないんです。


そして、「無知は罪」という言葉もあるにはありますが、私は「知らないことは罪ではない」と思っています。


母親が、生まれたばかりの赤ん坊が何も知らないからムカつくなどと言ってひっぱたいたら、虐待です。


赤ん坊が何も知らないのは当たり前だからです。


しかし、この赤ん坊が母親から「道路に出てはダメ」と以前教わっていたにもかかわらず出たとしたら、今度こそ母親は全力でひっぱたきます。


かなり極端な例になってしまいましたが、この母親と赤ん坊の関係と似ているかな、と私は思っています。


Dヲタはこの件では母親扱いでも、まったく知らないジャンルのイベントに行けば赤ん坊になります。

お互い様です。


また、母親と赤ん坊は対等です。教える側教えられる側の違いはあれど、どちらが偉いわけでもありません。


もちろん、赤ん坊で何も教わっていないのに初めから全てをそつなくこなす天才の赤ん坊もいます。


しかし、

過剰にひっぱたこうとする虐待親や、

他の赤ん坊がひっぱたかれてるのを見てすっかり母親不信に陥った赤ん坊、

ひっぱたかずただ教えようとだけする母親を逆にひっぱたく反抗期の赤ん坊、

それを見て全ての赤ん坊は反抗期だからひっぱたくべきだと思い込んだ母親など、


そういったさまざまな問題がまざりまざって、現在ここまでこんがらがっているのではないか?

というのが私の考えです。


去年の経験から、母親はかなり神経質になっていたりします。


全てを解決するのはジャンル人口の多さからしても無理な話で、悲しいことにどうにもならない現状があります。


Dヲタは舞浜のルールや中の人に関してのマナーを知らない人に「攻撃的でなく」教えてあげるべきだし、


それを教えられた・指摘された人は素直に正して次から気をつけるべきです。


それが簡単にいかないからこうなるわけですが、とにかく私はそう考えています。


もし周りにやらかしてしまっている人がいたら、優しく教えてあげてください。





ぽめ様はじめ「表記による中の人の区別」や「秋の彼ら」について聞きたいと言ってくださった皆様


私なりの意見を述べさせていただきました。

もちろんただの「私の意見」でしかなく、なんの力も持たない上にわかりにくい文章ですが、何か参考になることがあれば幸いです。

まだ書き足りないことや書き洩らしたことがあるので、これからもまた引用させていただくことがあるかもしれません。


今回色々と考える機会をいただき、また私の意見を書いてほしいと言っていただき、ありがとうございました。


皆さんによい秋が訪れますように!