毒を食らわばコックまで

注意喚起のためのブログではありません。個人の意見をただ載せていくだけのブログです

コメント返信


8/29 23時ごろにコメントをくださったchunne様


コメント承認してもよいかどうかの表記がありませんでしたので、非公開のままこちらでお返事させていただきます。



貴重なご意見ありがとうございます。


文体の件についてなのですが、

注意のために広めてくださった方が多いのは事実なのですが、もともとこのブログは注意喚起のためのブログではありません。



じつはDが全く関係ない記事も書いていたのですが、あまりにはじめの記事の閲覧数が増えたため削除しています。


もともとはごく普通の日記と同じだと思っていただければわかりやすいかと思います。

拡散されたはじめのあの記事も、注意喚起というよりはほぼ私の愚痴からくるものです。そのためにあのような文章となっています。


愚痴ですから「あーもう守ってくれ…」というような雰囲気で書いてあるのですが、あくまで多くの人に向けて注意喚起のために書いたわけではないのです。

わかりづらくて申し訳ないです…


記事でも

『あくまで「私はこれを気をつけるようにしています」という記事です』

と記しました通り、マナーを広めるためのブログではなく、ただ「自分が考えたことだけを書いていく」というブログなのです。



ではなぜ最近の記事は全て(はじめの記事に比べると)硬めの文章にしているかと言いますと、

(いつごろからかはわからないのですが)ツイッターで注意喚起として(?)拡散してくださった方がいらっしゃったようで、閲覧数が急に増えだしたためです。


見られることを少し意識して硬めにしてはおりますが、「自分の考えを書いていくだけ」というスタンスは変わりません。


最近の記事も、「考えたことを書く」か、「意見を聞きたいと言われたことを書く」かにとどめ、「注意喚起のためにみんなに向けて書く」というようにはしないように決めております。


「私の記事は好きなように引用してください」と私自身書いておりますし、

内容が内容ですし私の書き方も拙いものですから伝わり辛いとは思いますが、

あくまで私の中はそう決めて記事を書いています。


どうかご理解いただければと思います。


「一見注意喚起のブログのように見えてしまう」という点は私もどうにかしたいと感じています。なんとかして修正していこうと思います。



また、はじめの記事にやたらと追記が多いのは、もともと「それ以上マナー云々の記事を書くつもりが無く、質問されるたび・意見をもらうたびに単純に書き足して行ったから」です。


しかし、見にくくなってしまったのは事実ですね…

機会を見つけて、また少しまとめてみたいと考えております。




また、役と中の人を紐付けしてはいけない理由についてですが、これについては今記事を書いておりますので、少々お待ちください。



コメントありがとうございました!